注文住宅を建てる時の立地条件

注文住宅を建てるとなると建物そのもののことに目が行きがちかもしれません。でも、どんな場所に建てるかも快適で安心な暮らしを実現させるには大切な要素。どんな点に注意して土地選びをしたら良いかみていきましょう。

通勤、通学の手段や距離は?先のことまで考えて選ぼう!

近くにないと意外と不便?!病院や買い物スポット

注文住宅の設計について

何度も見直して考えよう!各部屋の行き来はスムーズにできる?

注文住宅を設計する際、各部屋の行き来はスムーズにできるかを確認することが大切です。特に家事がスムーズに進められるような家事動線にすることが注文住宅を設計する上でのポイントになります。食事や洗濯は毎…

それ、寒いかも?!熟慮したい玄関や勝手口の位置

注文住宅を購入する時は、最初に行われる設計図の作成段階から施主は建築士に相談して、間取り等を検討していきます。もちろん、建築基準法やその他もろもろの基準等がありますので、プロの建築士の意見を聞きつ…

使い勝手は良さそう?コンセントやシステムキッチンの位置や種類

注文住宅を建てる際には、間取りや外観など、目につきやすい点を重視しがちですが、意外に盲点となりがちなのがコンセントの位置やシステムキッチンの配置です。このうち、キッチンについては、キッチンのどの場…

ご近所との距離は?自宅での時間を快適に過ごせるか見極めよう!

隣家との距離感を保とう。

注文住宅を建てるときに気になるのが隣人との関係です。マンションとは異なり、隣人とは一定の距離があるものの、あまりにその距離が近い場合は騒音が非常に気になってしまいます。このため注文住宅と言えども隣人との距離感をある程度保つことは重要となります。法令上では隣家との境界から最低でも50センチメートルは離すことが求められています。しかし地域によっては1メートル以上離さないといけないとしている場合もあるので、そこは各自治体に確認する必要があります。一般的な傾向としては古くからある住宅街は境界から50センチメートル以上離すこととしていることが多く、ニュータウンのような新興住宅街では境界から1メートル以上離すこととしているケースが多いです。このように隣家との距離は住むエリアによって異なりますので、まずは自治体などに相談することが大切となります。

境界線があるかどうかを確認することも大切

そしてなによりも重要なのが隣家との境界線がどこにあるのかについて、しっかりと確認しておくことです。特に古くからある住宅街などにおいては隣家との境界があいまいになっているケースが多く、隣家とのトラブルの原因ともなっています。このため境界線がどこにあるのかについて、隣家とともにしっかりと把握しておきましょう。いずれにせよ快適に生活するためには隣家と一定の距離を保つ必要があることから、家を建てる土地の面積はできるだけ広いものを選びたいものです。とはいえ都会では広い土地は高価ですので購入が難しいですが、都会の土地であっても例えば旗竿地や変形地などの訳ありの土地は比較的安価で購入できますので、こうした土地でできるだけ面積が広い物件を狙うのも一つの方法です。